毎日どのような記事を書いていますか?

 

トレンドブログや季節系のトレンドブログの場合

どうしても興味がない記事を書くときは出てきますよね?

 

僕もトレンドブログを始めた時には

苦手な記事を書くことに抵抗があり

さらには書いても疲れるだけなんていう毎日を

過ごしていました。

 

今回は苦手な記事を書かないとブログでは稼げないのか?

 

というのを解説していこうと思います。

苦手な記事を書かないとブログで稼げないのか?

答えを先に紹介しますが

 

答えは

NO!!

です。

 

苦手な記事は実は書くことに置いては

デメリットが多いのです。

 

しかしこれは「記事の書くの嫌だ!」

というのとは話が違いますよ。

 

あくまで記事は書く気はあるけど

苦手な記事を書きたくない人限定のお話です!

 

またブログで稼ぐことを始めた初めの方は

どんなジャンルの記事も書くようにしてください。

これには理由がちゃんとあって

自分のサイトが力が持っていない時や

初心者の人はまずは記事を書くことや

キーワード選定になれることが大切です。。

 

つまりは書ける記事は

がむしゃらに書いたほうがいいのです。

 

まずは記事を量産してどのような

記事がアクセスが集まるかというのを

ちゃんと判断できるようになりましょう。

 

そうしないと後で説明しますが記事をあげても

アクセスが集まらないと無駄なお金になってしまいますからね。。

 

苦手なジャンルを書くデメリットは?

苦手なジャンルを書くのにはデメリットがあります。

  • 記事を書く時間がかかる
  • 苦手なジャンルなので面白い記事にならない
  • 内容を深く知っていないので浅い記事になる。
  • 知らない間にコピペ記事になる
  • 質の悪い記事をあげるとサイトの力が弱まってしまう

 

というデメリットが存在してしまいます。

 

やはり一番大きいデメリットとしては

質の悪い記事を作ってしまう

という事でしょう。

Sponsored Link

 

質の悪い記事は1記事あるだけでサイトの力が落ちると

言われていますので

苦手なジャンルの面白くない記事を

たくさん量産すると記事を書いているのに

逆に稼げないなんていうジレンマに陥ってしまいます。

 

このようなことは絶対避けないといけません。

 

なぜならブログで長い間稼げないとどうしても

長続きしなくなってしまいますので

ブログで稼ぐという

ネットビジネスの世界から身を引いてしまうことにもなります。

 

では

稼げる苦手なジャンルを見つけたらどうすればいいのでしょうか?

稼げる苦手なジャンルの記事はどうすればいいの?

 

稼げる苦手なジャンルというのは確かに人それぞれ存在しています。

 

僕の場合アクセスが集めれる苦手なジャンルは

育児

の二種類です。

虫は特化サイトが少ないので

少し深い記事を書けば

簡単に検索上位に持って行くことが出来ると

考えているのですが僕は虫が本当に苦手なんです。

 

それこそ見るのも嫌ですが記事を

書くためには調べないといけません。

 

しかし先ほども言った通り苦手な記事を書くには

デメリットもありますのであまり記事を書かなかったんです。

 

そこで取った方法が外注さんにお願いする方法でした。

 

外注さんにお願いするのでお金は発生ししまいますが

アクセスを集める記事を書いて頂けるのであれば

正直安いものです。

 

僕は今では4人の外注さんに

頼んでいますので毎日4つの記事

サイトに上がっています。

 

もちろんすべてが記事を集めることが

出来るわけではありません。

 

しかしサイトの力を得るようになると簡単に

収益は加速していくという流れを作れるのです。

 

また記事を書くことをさけることが出来れば

自由なことが出来る時間も増えますし積極的に外注化してみましょう!