こんにちわ!

 

今回はGoogleAdsenceの審査に通るための記事数や文字数なんかを紹介していきます!

 

今では二段階審査ではなく一発で審査に行きます。

 

しかも再審査もあまり時間がかからないようですので記事を書き始めたらアドセンスに再審査を申し込むようにしましょう!

 

GoogleAdsenceを通るための注意点は?

 

初心者の人にありがちなのですがアドセンス規約というものがありましてもちろんアドセンスを取得した後にも守るものなのですが審査の時にも守っていないと審査には落ちてしまいます。

 

あなたが書こうとしている記事や書いている記事にもし下記のジャンルを書いていたら審査に落ちる可能性も出てきます。。

 

  • アダルトコンテンツ
  • 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  • 著作権で保護されているコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
  • アルコールおよびタバコに関連したコンテンツ
  • ヘルスケアに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
  • Google ブランドを使用しているサイト
  • 暴力的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連したコンテンツ
  • 不正行為を可能にするコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

参考:禁止コンテンツ

 

書いた記事は無駄にならないように下書きに変えるかまたはどこかにメモして保存したのちに消しましょう!

 

そして審査が通ればまた記事を公開設定にしましょう!

 

これでどのようなジャンルの記事を書いてはいけないかというのがわかったと思います。

 

また注意点なのですが審査に通るまでは他のASPや楽天アフィリエイトなどは記事の中に入れないようにしましょう。

 

アドセンスに通りにくいと言われていますので入れないで記事を書いていきましょう!

 

Googleアドセンスの審査に通るのに必要な記事や文字数は?

 

さて次は審査に通るための必要な記事数や文字数なのですが正直これ!といった決まりはありません。。

 

私が通った時は

 

1記事あたり1500字以上

17記事

を書いたところで審査に通った連絡が来ました。

しかしこれはあくまで目安でしかありません。

 

推奨するのは

 

  • 1記事1500字以上
  • 15記事以上

というのがよく言われている審査のボーダーといわれています。

Sponsored Link

 

あくまでボーダーなのでこれ以上書くときもありますし記事数が少なくて通ったりします。

 

1度落ちたからと言って審査ができなくなるということもありませんので

 

落ちた時は

 

  • アドセンス規約に違反しているジャンルを書いていないか
  • 1記事の文字数は少なくないか?

などを見つめなおすようにしましょう!

 

もう一つ大切なことは審査中も

記事を書き続ける

 

ということが大切ですので書き続けましょう。

 

ジャンルを間違っていなければ書いていれば必ず審査は通りますので頑張りましょう!

 

アドセンスの再審査を申し込む方法

アドセンスは一度で通ることもありますが結構な人が1度目は落ちてしまいます。

ですので落ち込まずに再審査を申し込みましょう!

 

アドセンスのサイトにログイン。

アドセンスサイト

 

矢印のところに「チェック」

を入れて「送信」をしましょう!

 

head内にコードを設置して下さいとなるので、

WordPressなら「header.php」のhead内にコードを貼り付けて保存。

 

一度張った所に貼りなおせば大丈夫です。

 

それが終われば、、

 

「完了」

をクリックすればアドセンスの再審査の登録は完了です。

1週間以内に合否が届きますので落ちれば見直し合格すれば貼り付けたコードを取り除いて

 

サイト内にアドセンス広告を貼って行きましょう!