アフィリエイトを始めた時にまずぶつかる壁は、

 

「1記事にどのくらいの文字を書けばいいの?」

 

ってところだと思います!

 

ネットの情報だといろいろと書かれていますし、どれが正解かもあまりわかりませんよね??

ましてや内容がなくても文字数を多く書きなさい!なんて言っている人もいる始末でどの情報が正しいのかがわからなくなっていると思います。

 

そこで今回は1記事にどのくらいどのくらいの文字数を書けばいいのか?というのをその理由も述べて紹介していこうと思います!!

Sponsored Link


1記事にどのくらいの文字数で書くのがいい?

 

ショートトレンド、ミドルトレンド、ロングトレンドなどのいろいろな記事の形はあると思いますが平均的に書いたほうがいいと言われている文字数は、、

2000文字以上

といわれています。

アフィリエイトに慣れていけばキーワードでこの検索数の記事やライバルにに対抗するためでは「5000字以上必要」なんていうのも出てくるのですがそれは慣れてきてから自分で学んでいけばいいですので、とりあえずはどんな内容の記事でも2000字以上書くというのを目安に1記事を仕上げていくようにしましょう!

 

最初は2000字書くのにも1時間以上かかるかもしれませんが最初に苦労しておくと後で記事を書くのも編集するもの楽になりますので頑張りましょう!!

 

ではなぜ文字数を多く書くことを推奨するのか?というのを紹介していこうと思います!

記事の内容はSEO上位表示に関係ないって本当?

さてアフィリエイトで必要なことは検索された時に上位表示されることが必要最低限の条件です。

それをSEO対策というのですがこのSEOで内容は関係ない!なんてことが言われているのですがそれは、、

嘘です。

正確にいうと内容は大事ではなくて「滞在時間」が大切なんです。

 

滞在時間というのは読んで字のごとく記事を開いてからユーザーさんがどのくらいこの記事に滞在したのか?というのがGoogleやYahoo!さんは知っているのです。

実際にGoogleアナリティクスというツールではこんな項目もあります。

この平均セッション時間というのが滞在時間になるのですがこれが長ければ長いほどサイトや記事が強い→上位表示されやすい!

 

ということになるんです。

 

ユーザーというのは賢い人が多いですので内容が関係ないといっても読んでいる中で

 

「これは自分に有益な記事じゃない」

 

ということがわかってしまえばすぐに離れてしまいます。

 

そうなると滞在時間も減りサイトは強くなりませんので気を付けるようにしましょう。

 

また文字数ですが滞在時間を延ばすのが大切だと言っているので500文字や1000文字の記事をいくら量産しても滞在時間が伸びてこない場合はサイトや記事が強くなりませんので最初からきつくても2000字を目標に書くようにしましょう!

 

しかし文字数がいくら多くても内容がお粗末なものであれば滞在時間は伸びませんのでちゃんと2000字かけたから満足!ということではなく自分がこの記事を読んで納得できるかというのも滞在時間に関わりますので読み返すことも大切ですよ!

 

記事の書き方で滞在時間が変わる?SEO対策にもなるので勉強しよう!

 

こちらの記事で滞在時間が延びる記事の書き方を紹介しておきますので合わせてお読みくださいね!

Sponsored Link